海洋ゴミ回収の「PaWiKAN」とデング熱マッピングの「Aedes」、NASAの国際アプリハッカソンでフィリピン代表に-宇宙データを活用 - BRIDGE
«  いいぞもっとやってください。「両チャンピオンは各国チームと共にNASAの評価を受ける。(中略)トップ6位が2020年1月に発表」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています