2020年に上場の可能性が最も高い米スタートアップ13社をご紹介-うち半数は、新株を発行しない「直接上場」を目指す - BRIDGE
«  注目の案件ではある。「影響を及ぼすのは、2019年に公開した大型ユニコーンのパフォーマンスが貧弱であること、そして、WeWorkの大惨事だ」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています