≫  タイトルはともかくとして、切り方はいつにも増して面白い。「どうせやるなら胴元にならんと儲からないと思った」「この花札屋おっかないな」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています