ガラガラヘビのウロコには「ナノレベルの溝」が刻まれていて、水を貯めるコップの役割があった!? - ナゾロジー
«  ガラガラヘビさん、すごい。「落ちてきた水滴がナノチャネルの溝に浸透することで粘着性と疎水性を生み出し、水分をまとめ、流れ落ちないようになっています」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています