お寺の門には萌えが詰まっている|mayu.k|note
«  こういう感性をもちたい。「ちなみに私は、好きな男性のタイプを聞かれた時に『南禅寺の門みたいな人』と真剣に答えていた時期があります。好きな男を寺に例えるな、と友人からは本気で引かれていました」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています