≫  「Googleの考えや方針は必ず理解しておく必要があり、持っている特許の内容は、その考えや背景を読み取るための材料になる」、なるほど。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています