«  な、なぜわかった…。「女性向けのデザインが好ましいことがありますが、男性デザイナーや女性らしいデザインが苦手な方にとっては上手く表現できないことがあります」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています