«  要するに、お上品にした、と。「まるでアートマガジンのようだ。PLAYBOYがいま、つくりあげようとしているのは『恥ずかしがらずにすむ読書体験』の提供だ」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています