«  2頭身の頃も『マリオネット師』以降も大好きでした。合掌。「クラス全員のキャラ付けをして、毎回主役を変えて群像劇を維持していくというのは、実は極めて大人の作家の作業といえる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています