«  なるほど。「育成経過は定期的に更新される写真で確認できる。消費者は自らが監修した野菜を購入できるほか、農家は安定した収入と販路を確保することができる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています