«  平成の世、充分に生きよう。「安倍総理大臣は、天皇陛下がお気持ちを表明されたあと、当日にも、政府としての受けとめを何らかの形で示す方向で調整に入りました」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています