«  こういうことを考えるのが大事。「ユーザーが何を必要としていて、サービスを使うときに実際何をしているのかを理解し、ユーザーの立場になって考えてみる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています