«  どうしても売りたいのを押しちゃうからね。「いったん、コンテンツを作る側の気持ちを忘れて検索ユーザーの気持ちになってみて」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています