«  そして、最終的な帰結がそこか…。「正解すぎる」「血液型類型と同じだけど、確かに得心するところは多い」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています