«  ちょっと良いかも。「ノスタルジーを利用する本来の目的は、ユーザーの感情に働きかけ、願わくば結果的にそのブランドとの深いつながりを感じてもらうことにあります」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています