«  5月はまだネタがある。「広報系や広告系のマーケティングでも消費者のすみやかな決断につなげることを意識しましょう」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています