«  いいぞもっとやってください。「機械が自分の頭の中の言葉を読む、という一種の気持ち悪さを克服できたら、このようなデバイスは消費者にさまざまな利便性をもたらすだろう」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています