≫  早くその段階へ行きたい。→今後は「スクリーンの中だけを考えるUIデザインではなく、ハードウェアの形状を意識したハードとソフトの境界線を感じさせないUIデザインが求められるでしょう」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています