≫  なるほど。勉強になります。「ユーザーが求める遊び方は何なのか」「世界の各市場ではどのように使われ、かつどのようなアプローチが最適なのか」など。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています