アマゾンジャパン、国民生活センターと連携 アマゾンで扱う製品の安全情報伝達で - ITmedia
«  Amazonさん、地固めも着々と。「国民生活センターから製品の事故に関する情報などの提供を受け、Amazon.co.jpなどのサイト上やメールなどで顧客に注意喚起する」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています