Core Web VitalsがGoogle検索のランキング要因に、2021年以降の導入を予定 | 海外SEO情報ブログ
«  おさえていかなくては。「具体的には次の3つのユーザー体験の健全性を対象とします。ページの表示速度、ユーザー操作への反応性、視覚要素の安定性」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています