平安時代頃の発音が残り、太陽や月に敬語を使う?周囲と違う独自の方言になってしまった不思議すぎる石川県『白峰方言』の謎 - Togetter
«  白峰弁がバズっている。「白峰弁は金沢弁と異なり準体が未発達です。つまり古文の連体形そのまま、剥き出しで文中に組み込まれるのが白峰弁です」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています