«  この発想がなんかしっくりきた。なるほど。「サイトやアプリを考える際、忙しいユーザーと会話をするようなイメージで考えてみて下さい。ボタンはその会話にとって極めて重要な役割を果たすものです」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています