«  だんだん増えてきた感。「記事の最後の最後まで楽天市場へのフォローはありませんでした。それは記者として貫きたかったのかもしれませんね」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています