«  鬼のように勉強になります。「カードは見た目以上に、充実したコンテンツ体験を生み出すためのもっとも柔軟性のあるレイアウトの1つなのではないでしょうか」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています