てづくりとうふ すがいの京飛竜頭 | 大村しげの愛した京都
«  注文したらおいしかったので。生湯葉と油揚げも滋味たっぷり。「京都では飛竜頭を『ひろうす』と読み、地方では『がんもどき』とも呼ばれています。(中略)京飛竜頭は、ひろうすのかつての姿を再現したものなのです」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています