クジラの腹から1.6億円のお宝発見 イエメン漁師:AFPBB
«  ロマンある。「死骸を岸まで運び、腹を開くと、中から『浮かぶ金塊』と呼ばれる龍涎香(アンバーグリス)を発見した。龍涎香は、マッコウクジラの腸内に生成する珍しい物質で、香料として利用されている」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています