シオマネキは「大きな爪を安く作る」裏ワザを開発していた - ナゾロジー
«  まあそうでないとな。「節足動物の外骨格の主成分であるキチンは、筋肉や神経、血液に比べて維持するためのコストがはるかに低い。彼らは高価な筋肉の代わりに外骨格に多くを投資して爪を大きくしていた」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています