≫  江戸時代、「刀の鞘(さや)同士がぶつかってしまうので、侍のルールとして左側通行が定着していたというのが最も有力で、説得力のある理由」だとか。なるほど。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています