«  あかつきがんばれ。「極めて難易度の高い挑戦となるうえ、最後のチャンスになる可能性が高い」「主任研究員、廣瀬史子さんは、数値や条件を変えながら2年半をかけて、毎日計算を繰り返しました」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています