«  ただ、それが空きドメインかどうかはまた別。「サイトにアクセスし、ドメインに使用したい文字列を入力するだけで、候補となるドメインが表示されます」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています