米のことばかり考えていたら150年経っていた|150年続くおこめ屋「米屋」|note
«  おいしかったので。「おいしいお米をみんなに食べてほしい。今までと生活様式が変わり、おうち時間が増える、そんなご時世だからこそ『お米の魅力』を余すところなく伝えていきたいのです」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています