«  真面目な話。エロ本の意義と衰退の足跡など。「表紙とタイトルから想像できないが、文体も内容も驚くほど硬派だ。エロ本を論じているのに全くエロくない」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています